川越歯科グループ
川越歯科グループ
本川越歯科 ウニクス川越歯科

最先端医療設備

デジタルレントゲン

川越歯科グループは最新のデジタルレントゲンシステムを導入しています。従来のフィルム式と比べて1/10程度の放射線量でレントゲン撮影ができることが大きな特徴です。
また、デジタルレントゲンは現像する必要がありませんので、患者さんをお待たせすることなく画像を確認できます。画像をモニター上で拡大したり、長さを計測することもできるので、より正確な診断が可能です。

3D‐CT

3D‐CT
3D‐CT3D‐CT

CTは非常に高価な医療機器のため、導入している歯科医院は全国で1%程度と言われています。しかし、それだけ投資をしても余りある魅力がCTには有ります。
従来のレントゲンと比べて大きく違う点は、その情報量です。CTは3次元の立体的情報を映し出すことが出来るのため、歯や顎の骨の詳しい状態が正確に把握できます。
インプラントの手術や神経に近い親知らずの抜歯を安全に行うためには、CTが不可欠と言えるでしょう。

口腔内カメラ

 
口腔内カメラ口腔内カメラ

暗くて狭いお口の中を、患者様がご自身で確認するのは難しいものです。
口腔内カメラを使用してお口の中を映し出すことで、患者様が納得、安心できる治療を心がけています。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

マイクロスコープとは肉眼の30倍程度まで歯を拡大して見ることが出来る医療用顕微鏡です。
肉眼では見ることのできない歯の根や虫歯を確認することができるため、より緻密で精度の高い治療が可能となります。
※マイクロスコープは全ての治療に使用するわけではありません。詳しくは歯科医師までお問い合わせ下さい。

電動麻酔器

電動麻酔器

ピストルに似た形をしていますが川越歯科グループの注射器です。
麻酔液の注入スピードや圧力がコンピューターによって制御されていますので、手動の麻酔にくらべて痛みが少ないことが特徴です。さらに極細の麻酔針を使用することで痛みを最小限におさえています。

唾液検査装置

唾液検査装置

唾液中の細菌数を検査する際に使用します。
検査結果から虫歯のリスク(なりやすさ)を診断し、患者様それぞれに適した予防方法を提案いたします。

オペ室

オペ室

手術を成功させるためには衛生的な環境がとても重要です。
インプラント手術を行っているすぐ隣でむし歯を削っているような診療室では、患者様も安心できないのではないでしょうか。 インプラント手術や難しい親知らずの抜歯などの患者様が多い川越歯科グループは、専用のオペ室を用意して衛生的な環境を保っています。

手術用無影灯

手術用無影灯

お口の中は非常に暗く、十分な光を確保することは手術の成功を左右します。川越歯科グループは手術用の無影灯と言われる照明を設置しています。無影灯は複数のライトから光を放つ構造になっており、術野に影ができないようになっています。

滅菌設備

滅菌設備

歯科治療における感染対策は器具の滅菌が基本です。川越歯科グループでは、全ての器具をオートクレーブ(121℃以上の高圧蒸気滅菌器)で滅菌したうえで、個別に包装管理しております。

半個室診療室

半個室診療室

プライバシーを重視し診療室はすべて半個室、完全個室となっています。
隣の患者さまと顔を合わせることはありませんし、お子様をお連れの方はベビーカーごと診療室にお入りいただけます。

MAGOKORO

MAGOKORO
 

川越歯科グループが最も大切にするものです。